ブログ

ブログ

色は言葉以上

≪色は言葉以上≫

「心はどこにあるの?」と聞いたら、
殆どの人が「ここですか?」と頭を指します。
では、「心とは何でしょう?」と聞いてみると、
殆どの人は考え込んでしまいます。
そんな哲学的なこと…
しかし、私たちは、誰もが自分の心を探しているのです。

さて、心とは…
そうです、心とは≪感じていること≫なのです。

「最近元気?」と聞かれ、「どうにかね?」と答える人の心は微妙。
本当に元気なのかもしれなし、疲れているのかも知れない。

このように、本人が≪感じていること≫は、すぐに言葉にはなりにくい。

言葉にすると、何故かまた同じ言葉を繰り返す。
そして、その言葉によって自分を縛ってしまう。
ああ、また同じことばかり言っている…(情けない!)
感じていることを≪感覚≫と言う。

≪感覚≫は、「気持ち?」「情緒?」「感情?」

??なんでしょう??

人が≪感じていること≫は、言葉にきっちりと当てはまらないのです。

しかし、色やアートの世界では、毎回同じ表現をすることはありません。
色やアートという非言語的表現には、情報の伝達力は言葉以上です。
街の中の看板や、店舗の色使い、売れる商品の色…色は言語を超えた言語。
表現することは、自分自身の内なる世界、
真実の自己、自己の本質に触れる。
自分や他者との一体感、自然や宇宙との一体感を体験。
その過程における自己発見や自己成長、そして、他者への共感や畏敬の念が育まれる。

色は、何よりも早く脳を刺激し、そして身体が反応します。
脳は身体の反応を感じ、そしてまた脳は反応する。
色は心の深層にアクセスし、真実に迫る。
それは、すべて色が電磁波だから…

【色彩心理セラピー】とは、
カラーセラピーから高次の進化を遂げ、より深い心の深層≪無意識レベルの心理≫に向かうセラピーです。
脳科学と心理学をベースにした【色彩心理セラピー】は、色やアートをツールに≪感じていること≫を表現します。

講座についてはこちらをご覧ください😊
https://color-element-school.com/blog/1594/